2018年11月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

目指すは巨大ベンチャー

freeeはどこに向かうのか 佐々木CEOが描く「次の成長戦略」

佐々木 大輔(freee 創業者・代表取締役CEO)

0
​ ​ ​

クラウド会計ソフトを提供するベンチャー、freeeの成長が勢いを増している。同社のソフトは100万以上の事業所に導入され、2018年8月には、約65億円の資金調達を実施。さらなる事業拡大に向けて、freeeはどこに向かうのか。佐々木大輔CEOの戦略に迫る。

freeeは急成長を遂げており、社員数は465名にのぼる(2018年7月現在)。オフィスは、リラックス&コミュニケーションスペースを多く採り入れたデザインになっている

佐々木 大輔(freee 創業者・代表取締役CEO)

クラウド会計ソフトを提供するfreeeは2018年7月、新たな企業ミッション「スモールビジネスを、世界の主役に。」を発表した。それは創業以来、中小企業や個人事業主などのスモールビジネスに対して、業務効率化ツールの提供で成長を遂げてきたfreeeが、収益創出への貢献にも力を入れていくという戦略の表明でもある。

freeeは2012年7月に設立され、2013年3月にクラウド会計ソフト『freee』をリリース。『freee』は、AIによって会計の自動化を実現するクラウドサービスだ。例えば、銀行口座やクレジットカードと連動して、リアルタイムで入出金を記録し、AIが自動で仕訳したり、スマホのカメラで領収書・請求書を撮影すると、自動的に識別して仕訳する機能を備える。

『freee』の導入事業所数は、2018年3月に100万を突破。国内の総事業所数は約600万(総務省調査)であり、6社に1社が『freee』を使っていることになる。国内のクラウド会計ソフト市場で35.2%のシェアを占め、ナンバーワンとなっている(BCN調査)。

freeeのクラウド会計ソフトは、国内でナンバーワンのシェアを誇る

残り80%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる