有望ベンチャーを「えこひいき」 経済産業省「J-Startup」の狙い

日本からユニコーン企業を創出することを目指し、官民が一体となって、有望ベンチャーへの集中支援を行う「J-Startupプログラム」が、今年6月にスタートした。J-Startupプログラムの狙い、これからの展望について、経済産業省の担当者に話を聞いた。

上田 翔(経済産業省 新規事業創造推進室 室長補佐)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り95%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。