日本の試作力を開放 モノづくりベンチャーの「死の谷」を越える

優れた製品アイデアを持つベンチャーは数多い。しかしその多くが、製品試作の段階で様々な困難に直面する。京都市のDarma Tech Labsは、アイデアを持つベンチャーと、モノづくりの腕を磨いた中小メーカーとを結び付けるユニークな支援を展開する。

牧野 成将(Darma Tech Labs 共同創業者/代表取締役)

製品の試作は、アイデアを世に問うための第一歩だ。しかし、多くのベンチャーがその第一歩で様々な困難に直面する。Darma Tech Labs(ダルマテックラボ)の代表、牧野成将氏はこう語る。

「多くのベンチャーには製造ノウハウが不足しています。満足な試作品をつくることができない、あるいは試作を外注して失敗する。こうしたことを繰り返すうちに、計画自体が頓挫するケースも少なくありません。これは『死の谷』と呼ばれています。当社では、主にIoT等ハードウェア分野のベンチャーを対象に投資やコンサルティングを行うとともに、京都の優れたモノづくり企業を紹介します。そうした取り組みによって、地域の活性化を目指しています」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り83%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。