JTB、レンタル農場事業に参入 ベンチャーとの出会いが契機に

地方の耕作放棄地や遊休農地を都市の企業にレンタルする「RE FARMプロジェクト」は、大手旅行会社のJTBとベンチャー企業の共創によって生まれたサービスだ。アクセラレータープログラムから新規事業を生み出す際のポイントとは。

「RE FARM」は耕作放棄地を都市の企業にレンタルし、社員福利厚生等に活用するサービス(イメージ画像)

農家の高齢化や過疎化によって、全国で増え続ける耕作放棄地や未利用農地。これを都市部の企業にレンタルし、福利厚生などに役立ててもらうサービス「RE FARM(リファーム)」が2017年12月にJTBからリリースされた。

「RE FARM」の農場は現地の農家が管理。農場の場所は全国からアレンジできる

一般的な貸し農園サービスとの大きな違いは、全国の農場を企業の希望によりアレンジができることと、さらに農場を現地の農家が管理して野菜を育ててくれること。企業の社員は、収穫体験をしたり、収穫物を郵送してもらうなどのサービスを受けられる。また企業専用のWEBページで農産物の成長を観察し、農家とコミュニケーションをすることもできる。

耕作放棄地問題の解決や農家の所得増に繋がり、企業の活性化にも繋がるとして、リリース直後から多くの反響を集めているリファーム。実はこの事業は、JTBのアクセラレータープログラムを経て業務提携に至ったファームフェスと共同で開発されたものだ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。