CVC成功の鍵は「人材と案件」 シリコンバレー著名VCの視点

日本の大企業でCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)の設立が相次いでいる。CVC運営を成功させるには、どんな取り組みが必要なのか。ベンチャー投資に精通し、CVCの運営も手がけるシリコンバレー発VC、Fenoxのアニス・ウッザマンCEOに聞いた。

アニス・ウッザマン(Fenox Venture Capital創業者CEO)

ベンチャー企業とのオープンイノベーションを進めるために、CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)を設置する大企業が増えている。

CVCとは、事業会社がファンドを組成してベンチャーに投資し、さらに自社の経営資源を活かしてベンチャーを育成することで、最先端テクノロジーの導入や新事業の創出、クロスセルによる収益性向上などのシナジー創出を目指すものだ。

日本のCVCブームは2000年台初頭に続き2度目。前回はNECや富士通など電機メーカー中心だったのに対し、約5年前から始まった第2次ブームでは、ITや製造業のほか広告放送業、医療ヘルスケア、不動産、交通、流通小売業など幅広い業種においてCVCが設立されている。

ただ、CVCを通したオープンイノベーションに成功している大企業は現状ではごく少数だ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り84%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。