2018年3月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

大企業×ベンチャー 共創の成否

元マツダ副社長が牽引する地域ファンド 地場企業を劇的に成長

尾﨑 清(ひろしまイノベーション推進機構 代表取締役社長)、串岡 勝明(広島県商工労働局イノベーション推進チーム担当課長)

2
​ ​ ​

優れた技術を持つ地場企業がポテンシャルをいかせず、場合によっては廃業している。これは地域にとって大きな損失だ。「ひろしまイノベーション推進機構」は、地域に根差しているからこそできる支援によって、地場企業のイノベーション創出で成果を上げている。

尾﨑 清 ひろしまイノベーション推進機構 代表取締役社長

イノベーション立県を目指す広島県。同県では、シリコンバレーなどを参考に、新しいイノベーションを生んでいくための社会システム作りを進めており、その一翼を担うのが、地域発県民ファンド「ひろしまイノベーション推進機構」である。105億円からなる投資ファンドで、40億円を県が出資、残りを金融機関や中小企業基盤整備機構等が出資したグロースキャピタルである。ベンチャーキャピタルのように草創期のベンチャー企業を投資対象にするのではなく、イノベーションを通じ、新たな成長を目指す「広島県内」の企業を投資対象としている。

ひろしまイノベーション推進機構で代表取締役社長を務める尾﨑清氏は、マツダで代表取締役副社長兼CFOを経て、同機構に参画した人物。尾﨑氏は、「広島県が40%出資している地域のファンドなので、売上を伸ばすとともに、地域の雇用を増やし、出資者もリターンを得られるよう運営しています」と地元への貢献が前提にあると話す。

残り79%

2
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる