2017年10月号

地域特集 京都府

農業を始める人を増やす会社 未来への想像力を刺激する

小野 邦彦(坂ノ途中 代表取締役)

1
​ ​ ​

若手農家や新規就農者が、農業で生計を立てやすくなるように、独自の流通チャネルを広げ、販売を支援。「農薬・化学肥料に頼らない農業」を経済的にも成立させるための土台を築き、環境負荷の小さい農業を広げることを目指すベンチャーが、坂ノ途中だ。

自社で小さな八百屋『坂ノ途中soil』を運営。生産が少量・不安定な農家にとって、消費者の反応を体感できる貴重な場になっている

「農業を持続可能なものにし、ひいては持続可能な社会にたどりつきたい」

坂ノ途中の小野邦彦代表が、若手農家や新規就農者のパートナーとしてその販路をサポートする事業を続ける先にある思いは、その一点にある。

坂ノ途中が掲げるのが、農薬・化学肥料に頼らず、「環境負荷の小さい農業を実践する農業者を増やすこと」だ。さまざまなアプローチが考えられる中で、小野代表は新規就農者と手を組むことにした。

「新しく農業を始めようとする人は、科学的な理解に基づいて、農薬や化学肥料など、外から投入する資材への依存度を下げた農業を志す人が多い。ならば新規就農者を増やせば、おのずと農業のあり方が変わっていくと考えました」

『坂ノ途中』という社名には、成長途上にある農業者たちのパートナーでありたいという思いが込められている。だが、就農希望者が生計を立てるためのハードルは高い。

「多くの場合、空き農地を借りて始めるわけですが、なぜ空いているかと言えば、周囲の農地に比べて狭い、水はけが悪い、陽当たりが悪いなど、条件が良くないからです。そのため、生産は少量で不安定になりがち。そして農産物の流通においては、少量・不安定な生産者とは取引しないのが常識。結局、新規就農者の多くは安定した販路を見つけることができず、やめていく人が多いのが現実です」

継続して売れる仕組みが重要

どうすれば、新規就農者が販売を増やすことができるか。2009年の創業当初は、大学卒業後2年間勤務した外資系金融機関で得たデリバティブの知識を活かして、生産農家ごとのデータを集め、安定供給を行うためのリスク管理システムの導入を考えたこともあった。しかし、「そもそも元になるデータがなかった」と苦笑する。

打開策は、新規就農者との対話を重ねる中で見えてきた。彼らは、地方の農作物を都会でPRするようなイベントに辟易としていることがわかってきた。

「イベントをしても、結局、打ち上げ花火で終わってしまう。淡々と継続して売れることこそが、最も求められているとわかりました」

こつこつと売り込みを続ける中で強みとなったのは、農作物そのものの品質の高さだ。

「新規就農には数々の課題がありますが、それを乗り越えて農業を続ける人たちはとても意欲的。小規模農地ゆえ目が行き届きやすく、品質が向上しやすい。かつ科学的理解に基づいた農業なので、再現性も高い。相当、おいしい農作物を育てているわけです」

坂ノ途中は、海外にも進出。ウガンダやラオスで、持続可能な農業の普及を目指している

販路を広げ、自社で青果店も

飲食店・小売店側にも、しっかりとしたニーズがあった。顔の見える農家から直接仕入れたいと考える事業者は多い。しかし少数の農家との付き合いでは、安定した仕入れは難しい。

「飲食店・小売店全体の仕事から見れば、ごく一部である野菜の仕入れにそこまで手間をかけていられないのが実状です」

その間を坂ノ途中がつなぎ、必要な野菜を安心して仕入れられるインフラの機能を果たすことで、事業者との取引を増やしていった。

飲食店向けとともに、現在事業を牽引するのが、ネットを介して注文を受け付ける一般消費者向けの定期宅配だ。挑戦意欲が旺盛な新規就農者のつくる野菜はバリエーションも豊富で、それが結果的に消費者を「飽きさせない」魅力のある商品づくりにつながっているという。

さらに、流通チャネルとしてはもう一つ、3つの直営店舗での販売がある。店舗での販売は一見、費用対効果が悪いように思えるが、「定期宅配を利用する顧客は、そもそも農業や環境に関心が高い人たち。店舗は、当社の思いを広く知ってもらう入り口になる」と考えてのことだ。

農家をまわり、野菜を集荷しながら、畑の状態や作付けの計画なども相談。坂ノ途中が、農家を販売先へとつなぐインフラの機能を果たす

未来への想像力を刺激する

坂ノ途中のビジネス展開は、国内にとどまらない。2012年には、アフリカ・ウガンダの乾燥地域でゴマの栽培を始めた。

ゴマは乾燥に強い作物だ。雨の多い日本で栽培するより、栽培に適した地域で生産し、日本に持ってくるほうが環境負荷を下げられる。さらに、現地の農家にとっては、所得の下支えにもなる。

「坂ノ途中が目指すのは、できるだけ地域内で資源を循環させ、環境負荷の低い社会にすることですが、それぞれの地域には特徴・制約があり、地域内だけで資源循環がうまく回るわけではありません。海外も含めた地域間連携で、それを突破していきます」

2016年からは、ラオスでコーヒー栽培も始めた。直射日光を嫌うコーヒーを森の日陰を利用して栽培し、完熟豆を手摘みする。森を切り開かずとも農作物が収穫でき、森との共生も可能になる。

創業から8年。今期は前期の1.5倍近い3億5000万円の売上げを見込んでおり、成長も加速がつき始めた。それは、持続可能な社会に近づきつつあることを意味する。

「今、楽をすることで後の世代にツケを先送りしていないか。そして、遠くの地域に負担を押し付けていないか。思考を停止するのでなく、持続可能な社会に向けて何ができるのか、想像力を刺激する存在になることが大事だと考えています」

想像力を刺激しながら、現実的に、そして真摯にアプローチを続ける。目指すビジョンを実現するためには、今の規模でとどまっているわけにはいかない。会社自身も坂の途中にある。

 

小野 邦彦(おの・くにひこ)
坂ノ途中 代表取締役
1
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる