農業を始める人を増やす会社 未来への想像力を刺激する

若手農家や新規就農者が、農業で生計を立てやすくなるように、独自の流通チャネルを広げ、販売を支援。「農薬・化学肥料に頼らない農業」を経済的にも成立させるための土台を築き、環境負荷の小さい農業を広げることを目指すベンチャーが、坂ノ途中だ。

自社で小さな八百屋『坂ノ途中soil』を運営。生産が少量・不安定な農家にとって、消費者の反応を体感できる貴重な場になっている

「農業を持続可能なものにし、ひいては持続可能な社会にたどりつきたい」

坂ノ途中の小野邦彦代表が、若手農家や新規就農者のパートナーとしてその販路をサポートする事業を続ける先にある思いは、その一点にある。

坂ノ途中が掲げるのが、農薬・化学肥料に頼らず、「環境負荷の小さい農業を実践する農業者を増やすこと」だ。さまざまなアプローチが考えられる中で、小野代表は新規就農者と手を組むことにした。

「新しく農業を始めようとする人は、科学的な理解に基づいて、農薬や化学肥料など、外から投入する資材への依存度を下げた農業を志す人が多い。ならば新規就農者を増やせば、おのずと農業のあり方が変わっていくと考えました」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り82%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。