オランダ・ハイテクキャンパスに見る 次のシリコンバレーの条件

オランダ・アイントホーフェン市は、人口1万人当たりの特許数が世界で最も多い「発明都市」であり、スタートアップコミュニティとしても存在感を増している。起業家や研究者を惹き付ける都市はどのように形成され、どのような未来を描くのか。

オランダ・アイントホーフェン市の「ハイテクキャンパス」 Photo by Microtoerisme

世界中に「次のシリコンバレー」を標榜する都市や地域がある。各国政府は、雇用創出と経済発展の強力な源泉となりえる"シリコンバレー的な"スタートアップコミュニティをつくろうと努力している。

ただ、十分な成果を生んでいる都市は少ない。シリコンバレーはユニークな文化や価値観が反映されたもので、そもそも模倣できるものではない、という指摘も多い。

しかし、スタートアップコミュニティで働く私達の結論は異なる。破壊的技術・シェアリングエコノミー・ミレニアルカルチャーというデジタル社会の3つの要素が、むしろ、シリコンバレー型コミュニティの誕生を促している。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り86%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。