2017年5月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

「地域×デザイン」開催レポート

日本最古の温泉から発信 「湯道具」のリデザインプロジェクト

デザインプロジェクト『YUIRO』

1
​ ​ ​

道後温泉からスタートした、湯道具のデザインプロジェクト『YUIRO』。5人のデザイナーと地域の伝統工芸職人らがコラボレーションして開発された、多彩な商品が話題だ。

湯切りをするときに逆さまに置くと富士山が現れる『富士桶』

使い捨てや樹脂製のバスグッズが溢れる時代に、『YUIRO』は伝統技術や自然素材にこだわって開発された

『YUIRO』の商品開発には、伊予竹工芸や菊間瓦など愛媛県の伝統工芸職人が関わっている

日本最古の湯と言われる道後温泉から、「これからの日本の湯道具をつくる」をコンセプトに始まった『YUIRO』。日本の温泉文化とともに独自に発展してきた風呂桶や湯衣、洗面道具などの湯道具を、現代のニーズに合わせて再デザインし、発信するプロジェクトだ。愛媛県松山市に本社を置く地域商社エイトワングループのin-spirit(インスピリット)がブランドを運営し、様々なデザイナーと愛媛県内の伝統工芸職人やメーカーが共同で商品を開発。生活雑貨店の棚に並ぶバスグッズとは一味違うYUIROの湯道具は、日本人はもちろん、外国人観光客にも注目されている。

湯道具文化を次代に伝える

YUIROの発案者である渡部真史氏(roca branding)は愛媛県出身のデザイナーで、現在は東京で照明器具などのデザインに携わっている。2014年に帰郷したとき、偶然、エイトワングループの大籔崇代表取締役と知り合ったことが、すべての始まりだった。

エイトワンは旅館経営から小売業まで、愛媛の地域資源を活かした様々な事業を手掛ける、いわば地域資源の総合商社。今治タオルの専門店『伊織』、砥部焼食器ブランドの『白青』、道後温泉旅館『道後夢蔵』『道後やや』、愛媛みかん加工品ショップ『10(TEN)』などを展開している。

残り80%

1
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる