2017年5月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

「地域×デザイン」開催レポート

劇作家・平田オリザ氏が語る「地方創生の条件」

平田オリザ(劇作家、豊岡市芸術文化参与)

0
​ ​ ​

劇作家の平田オリザ氏は、兵庫県豊岡市の芸術文化参与としても活躍、「コミュニケーション教育」など、豊岡で文化芸術を軸としたまちづくりに取り組む。平田氏は、生き残る地方は「センスがよくリベラルでオープンなまち」だと指摘する。

平田オリザ(劇作家、豊岡市芸術文化参与)

平田オリザ氏は2015年4月に豊岡市芸術文化参与に就任(任期は3年間)。豊岡市の芸術文化政策の基本戦略や、芸術文化による地方創生についてアドバイスを行うほか、城崎国際アートセンターの芸術監督を兼務している。「地域×デザイン2017」では、平田氏が豊岡市の取り組みや、地方創生を実現するための条件を語った。

芸術文化の国際拠点が目指す21世紀の『城の崎にて』

豊岡で世界と出会う。「小さな世界都市」が実現する状態を、豊岡市はそう定義づける。豊岡にいながら世界標準のアートに触れられる。それが誇りになり、豊岡で暮らすことの価値になる――。そんなまちの構想を体現するのが、城崎温泉の一角に開設された日本最大級のアーティスト・イン・レジデンス施設「城崎国際アートセンター」(以下、KIAC)だ。

残り79%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる