院生イベントレポート まちの「写真映り」、活性化の契機に

地方消滅が危惧される今、合併せずとも小さなまちが単独で生き残る秘策とは――。本トークセッションでは東川町を事例に、本学の院生と東川町役場職員が地域活性化に必要な要素を紐解いた。

他人事を“みんなごと”に

冒頭、3人の院生が登壇し、東川町の職員や町民を「文化の開拓者たち」と分析した。その理由として、「写真の町」を宣言したのは開拓90周年にあたる1985年であり、以来、まちぐるみで「写真文化」を全国に発信してきたことを説明。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り85%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。