2017年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

環境会議

明治日本の新しさと国際社会での役割

筒井 清忠(帝京大学 文学部長・教授)

0
​ ​ ​

明治150年を控え、国政・地域行政・有識者を中心としてさまざまな取り組みが進められている。だがそもそも、明治の始まりには何が起きていたのか。まず全ての出発点として「五箇条の御誓文」があり、そこから、新しい国のかたちについての構想が社会の各分野において実現されていったのである。こうした歴史をしっかり振り返り、後世に伝えることは来たる年を記念するうえで極めて大切である。『近代日本文化論』『昭和史講義』二部作はじめ、日本近代史の見直しに取り組む識者に話を聞いた。

出発点としての「五箇条の御誓文」

―戦後70年に続く「明治150年」の節目を、どのように捉えていますか。

明治150年を考えるうえで一番大事な明治時代の成果は「五箇条の御誓文」でしょう。

五箇条の御誓文

 

(1)立憲主義・議会政治 1、広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スベシ
(2)国民主義・民主主義 2、上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フベシ
(3)人材登用(平等主義) 3、官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ケ
人心ヲシテ倦マサラシメン事ヲ要ス
(4)進歩主義 4、旧来ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クベシ
(5)世界主義 5、智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スベシ

 

特に第一条の存在により、明治憲法(大日本帝国憲法)が制定され近代議会政治が発足しました。板垣退助が民選議員設立建白書を作ろうと考えるにあたっても、この御誓文の存在は大きかったわけです。

また、伊藤博文は権力的志向が際立ったところがあり、戦後の一時期は低評価が続きましたが、最近、瀧井一博先生(国際日本文化研究センター教授)を中心に再評価が進んでいます。伊藤は、君権を尊重しつつもその意のままの振る舞いを許すのではなく、議会の承認を必要とさせるのが憲法だとしました。同時に、権限に制約があるからこそ、君主制も長生きできると考えたのです。彼こそ明治時代に立憲政治を発展させた中心的な一人でした。

また、戦後になり日本が連合国に負け、ポツダム宣言が発せられた際に、それは日本に元来あった「民主主義的傾向の復活強化」ということを言いました。その後、天皇のいわゆる人間宣言でも「五箇条の御誓文」が強調され、首相であった吉田茂も五箇条の御誓文を基礎に戦後の民主主義を考えました。明治以来の長い伝統を持つ議会政治はこうして戦後も定着していきました。何しろ戦中も選挙が行われていた国なのですから。

残り79%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる