2017年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

1億総起業社会

日本的感性でチョコレートを刷新 急成長のBean to Barブランド

山下 貴嗣(Bace 代表取締役)

1
​ ​ ​

自社でカカオ豆の仕入れから製造までを一貫して行うチョコレートの製造法Bean to Bar。Baceが展開するBean to Barブランド「Minimal -Bean to Bar Chocolate-」は、日本ならではの感性と技術を活かした事業展開で急成長している。

フレッシュな香りや味わいが特徴の「Minimal -Bean to Bar Chocolate-」は、国際的なチョコレート品評会で受賞するなど、高い評価を得ている

日本人の感性で製法を見直す

国内に約5000億円、世界には約10兆円のマーケットが存在するとされるチョコレート。Baceは、コンサルティング会社出身の山下貴嗣氏が、グローバルに広がるマーケットに着目し立ち上げたBean to Barメーカーだ。2014年12月、第一号店兼工房として、渋谷区にBean to Barチョコレート専門店『Minimal』をオープン。現在は銀座、港区も合わせ3店舗を運営している。

ブランド名の『Minimal』は英語で“最小限”を意味する。そのチョコレートには、カカオ豆と砂糖以外、何も使っていない。

残り80%

1
​ ​ ​

バックナンバー

最新情報をチェック。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる