燕三条 工場の祭典に見る 一過性で終わらない事業デザイン手法

地域活性化プロジェクトにおいては、点の盛り上がりをいかに面的に広げるか、そして盛り上がりをいかに継続させるかが、事業デザインの焦点といえる。地域×デザイン2016の出展事例から、そのポイントを探る。

「燕三条 工場の祭典」は、2016年から農業分野(耕場)にも領域を拡大、大幅な来場者増を達成した

事業の点から面への拡大

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。