疾患即時判定から妊活まで 急増する「デジタルヘルス」起業

クラウドやビッグデータ、IoTなどの先端技術を活かして医療・健康分野の革新を目指す、デジタルヘルス分野での起業が増加している。12月に開催されたバイエル薬品のスタートアップ支援プログラム「Grants4Apps Tokyo」から、3社の革新的な事業プランを紹介。

インフルエンザを1分で判定
農業や畜産にも応用可能

ナノティスの診断チップ(同社HPより)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り94%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。