2016年10月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

健康ビジネスに商機あり

薬を無料で宅配 薬剤師は「未活用の資源」

喜納 信也(ミナカラ 代表取締役薬剤師、経営責任者)

0
​ ​ ​

2016年1月、薬剤師が薬の無料宅配を行うサービスを開始したミナカラ。同社は、薬局に勤務経験のある起業家が立ち上げたベンチャー企業だ。現場を知る強みを活かし、薬に関する「困った」を解決するサービスを生み出している。

病気やけがで薬が処方されると、薬局で薬剤師から説明を受ける。しかし、後日、他の薬との飲み合わせや副作用などについて知りたいときに、どうするか。あるいは、市販の薬が自分の症状に適したものか、知りたいときにどうするか。

薬剤師に尋ねる人よりも、インターネットで検索して情報を求める人が多いだろう。

ネット上には、各製薬会社による薬の情報のほか、Q&Aサイトや掲示板などでユーザーの口コミが公開されているので、「情報がない」ということはない。

しかし、専門家が書いた薬の情報を読んでもわかりづらいし、ネット上の口コミには信頼性に不安がある。

一方で、薬剤師は、薬の情報をわかりやすく具体的に伝えるスキルを持っているが、薬局に行かないと、それを聞くことはできない。それならネット上で薬剤師のアドバイスを受けられれば、利便性と信頼性を両立できる。薬剤師に相談しながら薬を入手できるウェブサービスを立ち上げたのが、ミナカラ代表・喜納信也氏だ。

喜納 信也(ミナカラ 代表取締役 薬剤師・経営責任者)

薬剤師という「未活用の資源」

ミナカラのオフィスには薬局がある。実際に稼働している薬局を持つベンチャーは、日本でも珍しいだろう。

残り75%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる