2015年6月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

プロジェクトニッポン 宮崎県

データで見る宮崎県 食料自給率全国1位の一次産業大国

PROJECT DESIGN編集部

2
​ ​ ​

温暖な気候に恵まれた宮崎県は、全国有数の農業県として発展し、また日向神話の舞台であることから文化・観光資源も豊富。統計やランキングから、そのポテンシャルを分析する。

人口111万2859人(2015年3月1日現在)

面積6794k㎡(全国17位)

県内総生産(2012年度、名目)5兆6430億円(全国24位)

1人当たり県民所得(2011年度)220.8万円(全国45位)

観光入込客数(2013年、のべ人数)1517万人(前年比+9.2%)

宮崎の観光資源―大自然と神話が織りなす旅

天孫降臨から神武東征に至る日向神話の舞台である宮崎県は、高千穂や神楽など、歴史・文化資源が非常に豊か。南国ならではの気候・自然も加わり、観光地としての魅力は大きい。

(1)高千穂峡

阿蘇山系の噴火活動で流れ出した溶岩が侵食され、柱状節理のそそりたつ断崖となった渓谷。高さ100mから流れ落ちる真名井の滝は天然記念物指定。

(2)高千穂神社

高千穂八十八社の総社で、約1800年前に創建されたと言われる。境内では国の重要無形民俗文化財に指定される高千穂神楽が公開されている。

(3)天安河原

天照大神が岩戸に隠れた際、八百万の神がこの河原に集まり神議されたと伝えられる大洞窟。願いをこめて積まれた石が無数に並ぶ、神秘的な空間。

(4)西都原古墳群

東京ドームの約230倍の面積に300基以上の古墳が点在。ほとんどは発掘されないまま保存されている。学術的な価値のほか、桜やヒマワリの名所としても有名。

(5)綾の照葉大吊橋

綾町は日本最大級の照葉樹林が広がり、ユネスコエコパークにも認定。高さ142mの大吊橋からは樹林と綾川渓谷を一望できる。

(6)平和台公園

1940年、神武天皇即位紀元2600年を記念して整備された。高さ37mの平和の塔(八紘一宇の塔)が有名で、64年東京五輪の聖火リレー起点ともなった。

(7)青島

奇岩「鬼の洗濯板」が取り囲む島で、江戸時代まで全島が禁足地だった霊域。島内の青島神社は海幸彦と山幸彦などを祭り、縁結びの神社として人気。

(8)サンメッセ日南

太平洋の大パノラマが広がる海岸に立ち並ぶ、イースター島の長老会から特別許可を得て完全復刻された7体のモアイ像が有名。南国宮崎を象徴する景観。

(9)鵜戸神宮

日向灘に突き出した鵜戸崎岬にあり、朱塗りの色鮮やかな本殿が鎮座する。山幸彦が出産した宮と言われ、安産祈願の参拝者が絶えない。

(10)飫肥城下町

伊東氏5万1千石の城下町として栄えた飫肥は、「九州の小京都」とも表現され、武家屋敷や蔵、石垣などが残る。飫肥城は大手門が復元されている。

残り66%

2
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる