異業種からの参入で勝つ方法

医療制度の変革に伴い、新たなサービスの必要性も高まっている。そうした流れを捉え、商機をつかむには何が必要なのか。医療分野で求められるにニーズと、異業種のビジネスチャンスを解説。

現在、医療機関は厳しい選別にさらされており、それに伴い、新たなビジネスも生み出されている。

日本では医療費が高く、それが財政を圧迫している。医療費は、「診療単価×患者数」に分解できる。現状は単価が安く、患者数が多い。今後、政策の方向は、単価を高くして患者数を減らす方向へと向かうことになる。

患者数を増やさないためには、どうすればいいのか。その一つの方法が、在宅への復帰を促すことだ。すでに、病院だけではなく地域で医療を支える「地域包括ケア」の取り組みが進んでいる。そうした流れの中で、見守り・配食・買い物などの多様な生活支援サービス、高齢者向けの住まいの整備などが重要になっている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り78%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。