本気の「志」は部門を超える

世界に約40億人いる、年間所得が3000ドル以下の約40億人の層。この広大なマーケットを対象にした「BOPビジネス」に、リコーのプロジェクトチームが挑んでいる。

076-10.jpg

瀬川秀樹
リコー研究開発本部・未来技術総合研究センター所長

プリンターやコピー機の開発・販売を手がけるリコー。売上げ2兆円、世界約200ヵ国で事業を展開するこのグローバル企業に属しながら、本業とは全く畑違いに見えるスモールビジネスに挑んでいる人物がいる。同社の研究開発本部・未来技術総合研究センターの所長で、2008年からインドで「BOPプロジェクト」を手がける、瀬川秀樹氏だ。

瀬川氏はプロジェクトのメンバー、現地企業、地元住民とともに、インド北部ビハール州の貧困農村地帯で、写真の撮影&プリントショップ、女性用化粧品、下着、生理用品などを扱うウーマンズショップをオープンし、拡大させている。

社内で「仲間づくり」の下地

毎回1ヵ月程度、若手メンバーが現地に滞在し、ヒアリング等を行った

「BOP」とは、「Base of the Pyramid」の略で、「世界人口70億人のうち、年間所得が3000ドル以下の約40億人の層」を表す。瀬川氏はアメリカで勤務していた2000年頃に巨大な市場として「BOP」という言葉を知り、以来、ずっと気に留めていた。

転機が訪れたのは07年。プリンターやコピー機に関わる部署で「新興国への進出」が話題になった時に、「BOP」で何かできないかと思い立ち、動き始めた。

とはいえ、当時は「BOP」という言葉もほぼ知られていない上に、瀬川氏はリコーの製品を現地で販売するのではなく、現地のニーズを汲み取り、ゼロから事業を開発しようと考えており、理解を得て仲間を集めるのに1年かかったという。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り70%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。