2013年9月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域未来構想 大阪府

大阪発クリエイティブの可能性

福森正紀(Three&Co. 代表)、中川悠(チュラキューブ 社長)

0
​ ​ ​

クリエイティブな分野で活躍する若手も出てきている。福森正紀氏は大阪に拠点を置き、世界3大広告賞の一つで最高のGOLD PENCILを受賞。一方の中川悠氏は、クリエイターの力で社会課題を解決するため、地域を奔走する。

企業の宣伝部や制作会社が、東京に集中する中、Three&Co.代表の福森正紀氏は大阪を拠点に、グリコやミスタードーナツをはじめ、大小さまざまなクライアントのグラフィック広告からキャンペーン、小型グラフィックまで、多岐にわたり手がけている。

世界3大広告賞で最高賞

福森正紀 Three&Co.代表

大阪のデザイン会社を経て、2004年にThree&Co.を設立。「一緒に仕事をしている人たちが優秀な方ばかりで、常にベストを尽くせる環境に恵まれていました。だから東京に行くという選択肢は、まったくありませんでした」と語る。

福森氏が仕事において、意識していることは、どこに会社を置くかではなく、いかに早く動けるかということだ。

「早く動くということは、誰よりも速く成功に近づける。さらに言うと、誰より速く失敗することもできる。一度失敗しておけば、次のチャンスで、その経験をもとに、迷うことなくゴールへ突き進むことができる」

もう一つ心がけてきたことは、プレゼンテーションの時点で、ほぼ完成に近い作品をつくり上げてしまうこと。

残り68%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。


初月無料キャンペーン実施中!

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中