発・着・想のつくり方と伝え方 佐藤可士和のフィロソフィー

ユニクロ・楽天・セブン-イレブン・今治タオル。日常的に目にするこれらのブランドは、佐藤可士和氏がクリエイティブディレクターを務め、躍進を遂げてきた。特徴的なのは、デザイン、ロゴにとどまらず、事業そのものが社会に大きな影響を与えている点だ。同氏の哲学に迫った。

聞き手:事業構想大学院大学学長・田中里沙

 

佐藤 可士和(クリエイティブディレクター)

事業はひとつのメディアである

田中 可士和さんは多種多様な企業に事業のアイデアを提示されています。新たな事業を構想していくには、その企業の経営資源の生かし方を考え、見極めていくと思うのですが、発想・着想の視点、アイデアを形にするプロセスはどんな風に進むのでしょうか。

佐藤 事業はコミュニケーションのひとつのメディアだと捉えています。全ての活動をコミュニケーションとして捉えており、企業やブランドの本質を掴んで、それをピカピカに磨いて社会に提示することです。本質は言い換えれば「強み」となるので、イコール経営資源といってもよいかもしれません。事業を作ろうと思ってブランディングしているわけではないのですが、結果的にそうなっていることはたくさんあります。

例えば、ユニクロのUTプロジェクトは、柳井正社長の「Tシャツをなんとかしたい」という言葉から始まりました。UT以前は、グラフィックTを展開していましたが、ブランド構築の視点から見ると戦略的ではありませんでした。そこで、まずはTシャツだけではユニクロにとってのアイコンにならない、名前を考えなければと思い、記号化して「UT」とネーミングしました。Tシャツはキャンバスで、アーティストだけでなく全てのコンテンツがのっていくメディアであり、かつ商品で、しかもブランドを運営する上でのプラットフォームシステムをつくる構想を立てました。この取り組みを表現するにはショップがほしい。どこがよいか?という話になり、当時ユニクロの聖地であった原宿店を丸ごとUTストアに変える提案をしました。売り方は、飲料の販売方法に着想を得ました。飲料は、ラベルを変えて味を表現しますが、その構造を応用して、「未来のTシャツコンビニエンスストア」というコンセプトでボトル型のパッケージを何百種類も作って販売し、大ヒットしました。

ユニクロが展開する「UT」。飲料の販売方法に着想を得て「未来のTシャツコンビニエンスストア」というコンセプトでボトル型パッケージにして販売。

ポイントは、特別なデザインと1500円という価格でした。特別なTシャツを高額で売るところは沢山ありますが、もの凄い規模で安く、全世界で売ることはユニクロにしかできない強みであり、それこそが経営資源と考えたのです。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り83%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。