2021年2月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域特集 徳島県

数字で見る徳島県 国内トップクラスの光ブロードバンド環境

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

全国トップクラスの光ブロードバンド環境と、世界最大級のLED生産拠点を誇る徳島県。過疎化という課題を抱えながらも、企業のサテライトオフィス開設が増え、地方創生の成功例としても注目される。農業や養鶏が盛んな他、医療・福祉の売上高が多く、従業者数割合は全国で2番目に多い。

徳島県の人口推移

人口は1995年から減少を続けており、2045年には53.5万人になると推計されている。総務省統計局「人口推計」(2019年10月1日)によれば、総人口は72.8万人で全国44位、対前年比人口増減率は-1.09%で全国42位であった。年齢3区分別で見ると、65歳以上の割合のみ0.5%増加して33.6%、うち75歳以上は17.5%であった。15 歳未満は11.2%、15~64歳は55.2%となり、ともに前年を下回った。

出典:RESAS

 

徳島県内市町村別
サテライトオフィス開設数

徳島県のサテライトオフィス開設数(2019年度末時点)は計67カ所で、最多の北海道(74カ所)に次いで、全国2位となっている。また、県内の24市町村のうち、半数以上となる14市町村にサテライトオフィスが設置されている。中でも、南部の美波町や徳島市と隣接する神山町、西部の美馬市、三好市などで開設数が多かった。

出典:総務省

残り30%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中