2020年10月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

アンダーコロナの自治体デジタルシフト

政府CIO補佐官が語る 自治体DXの重要ポイント

平本 健二(政府CIO 上席補佐官)

0
​ ​ ​

事業構想大学院大学が開催したセミナー「アンダーコロナの自治体デジタルシフト」において、政府CIO上席補佐官・平本健二氏が講演。「自治体デジタル・トランスフォーメーションの実現」をテーマに、DXの重要ポイントや、自治体が進めるべき取り組みの方向性について解説した。

平本 健二(政府CIO上席補佐官)

自治体DXにおける3つの柱

人口減少やデジタルネイティブ世代の増加、加えてコロナ禍の到来で、自治体におけるデジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進が喫緊の課題となっている。

デジタル・トランスフォーメーションに必要なこと

出典:平本健二氏資料

 

政府CIO上席補佐官・平本健二氏は自治体DXについて、「業務プロセスの見直し、情報システムの見直し、データの見直しの3つをバランスよく推進していくことが重要です」と話す。

まず業務プロセスについては、利用する住民のニーズに合わせ、常に変えていく必要がある。また、次々と出てくる新技術に対し、変更可能な柔軟なシステムをつくり上げることも大切だ。

残り78%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中