タイルを身近なものに オーダーメイドに対応、焼き物産地に活力

濃淡の深みがある青のタイルが貼られたキッチン、商業施設のトイレにはリボンの付いたタイル、さらにはタイルでつくられたピアス......。オーダーメイドの仕組みを確立し、タイルの新たな魅力を発信する。焼き物の街で、地場産業を元気にする挑戦が始まっている。

玉川 幸枝(プロトビ 代表)

シェアハウスのキッチンに貼られた「青むらタイル」。
既存のタイルにはない手づくり感によって、場に洗練と温かみを与えている

タイルの新しい可能性を切り開いている会社がある。オーダーメイドタイルの企画・製造を行う合同会社プロトビだ。

プロトビ代表・玉川幸枝氏の実家は、岐阜県瑞浪市にある玉川釉薬という会社だ。釉薬(ゆうやく)とは、陶磁器やタイルといった焼き物の表面に塗布され、質感・色を決める素材。瑞浪市や多治見市などの東濃地域は焼き物の産地であり、釉薬も同地の地場産業だ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り87%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。