2017年12月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

パーソナライズの新ビジネス

結婚式の希望をすべて叶える 世界に一つだけのウェディング

遠藤 理恵(CRAZY WEDDING 最高執行責任者)

1
​ ​ ​

カップルの要望を聞きながら、式場の制約にとらわれない結婚式を提供。結婚式までのプロセスを分け、効率化・分業化し、二人にとっての理想の式を作る。結婚式場というハードを持たず、企画・運営とソフト面の個性で勝負する。

遠藤 理恵(CRAZY WEDDING 最高執行責任者)

ウェディングの舞台は、海辺や公園、自宅……。一組一組のカップルに合わせ、完全オリジナルのウェディングを企画・プロデュースする『CRAZY WEDDING(クレイジーウェディング)』が人気を集めている。

同サービスを提供するCARZYは、2012年に設立された企業であり、クレイジーウェディングは同社にとって最初の事業だ。スタートから6年目、直近では年間275組、累計では予約も含め1000組以上の結婚式を手がけている。

一般に結婚式の準備は、会場の下見から始まる。式場の担当者と打ち合わせをしながら、当日の演出やプログラムを考えていくが、式を挙げる二人の要望が反映されるとしても、それは「その会場で可能なこと」という制約がある。

従来のウェディング事業者は、「オリジナルな結婚式」をうたっていても、式場というハードを前提に企画・提案を行っていた。そこに風穴を開けたのがクレイジーウェディングだ。

クレイジーウェディングでは、公園などの屋外でも結婚式を開催。二人の思い出の場所を、結婚式の舞台として検討できる

残り77%

1
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる