結婚式の希望をすべて叶える 世界に一つだけのウェディング

カップルの要望を聞きながら、式場の制約にとらわれない結婚式を提供。結婚式までのプロセスを分け、効率化・分業化し、二人にとっての理想の式を作る。結婚式場というハードを持たず、企画・運営とソフト面の個性で勝負する。

遠藤 理恵(CRAZY WEDDING 最高執行責任者)

ウェディングの舞台は、海辺や公園、自宅......。一組一組のカップルに合わせ、完全オリジナルのウェディングを企画・プロデュースする『CRAZY WEDDING(クレイジーウェディング)』が人気を集めている。

同サービスを提供するCARZYは、2012年に設立された企業であり、クレイジーウェディングは同社にとって最初の事業だ。スタートから6年目、直近では年間275組、累計では予約も含め1000組以上の結婚式を手がけている。

一般に結婚式の準備は、会場の下見から始まる。式場の担当者と打ち合わせをしながら、当日の演出やプログラムを考えていくが、式を挙げる二人の要望が反映されるとしても、それは「その会場で可能なこと」という制約がある。

従来のウェディング事業者は、「オリジナルな結婚式」をうたっていても、式場というハードを前提に企画・提案を行っていた。そこに風穴を開けたのがクレイジーウェディングだ。

クレイジーウェディングでは、公園などの屋外でも結婚式を開催。二人の思い出の場所を、結婚式の舞台として検討できる

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り78%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。