2017年11月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

20代起業家の構想力

日本初、AIでヘッドハンティング 天職は人工知能が知っている

島田 寛基(scouty CEO)

0
​ ​ ​

インターネット上の公開情報をクロールし、AIが人材のスキルや志向性を分析。候補者が転職しそうな時期も予測し、スカウトのメールを送る。それは、転職活動をしていない「潜在的な転職者層」のキャリアの可能性も広げる。

scoutyは、自社の転職サービスを活用し、優秀なエンジニアの採用につなげている

これまで、エンジニアを採用したい企業は、転職を希望しているエンジニアにしかアプローチすることができなかった。そして、転職サイトに登録された多数の候補者の中から、優秀な人材を選ぶのも簡単ではなかった。

また、本当に優秀なエンジニアは引く手あまたであり、人づての紹介で仕事が決まったりするため、転職サイトを利用すること自体が少ない。

さらに、優秀な人材であっても、日々の仕事に忙殺されて「自分の価値」を知る機会がなく、もっと良い条件で働ける可能性があるのに、今の職場に埋もれているかもしれない。

この、企業とエンジニア双方のギャップを埋める転職サービスが『scouty』だ。

特筆すべきは、何らかの転職サービスを利用し、転職したいという意思を表明しているエンジニアだけでなく、転職したいと考えていながら、実際には行動に移していない「転職潜在層」にもアプローチできること。

「転職市場にいる優秀な人材」は奪い合いになるが、「転職市場に出ていない優秀な人材」にアプローチできれば、競争の倍率は下がり、採用につなげやすくなる。

島田 寛基(scouty CEO)

AIが人材の能力を自動分析

『scouty』の仕組みは、次のようになる。情報取得のソースは、インターネット上に公開された「GitHub」などの技術情報共有サイト、ブログ、イベント参加の記録、SNSなど。独自開発のAIが、それらの情報をクロールする。

残り73%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

無料会員登録をすると、 この記事を含む公開記事を全文読めます。

無料会員登録はこちら