本を中心に事業領域を拡げる丸善雄松堂 ゆるやかにつながる場を提供

1869年に創業し、本にかかわる事業を150年以上にわたって続けてきた丸善雄松堂。本の事業を取り巻く環境が厳しさを増す中、本が果たしてきた機能に着目し「まなびのつながりを育む」をブランド・プロミスに掲げ事業を展開している。

矢野 正也 丸善雄松堂 代表取締役社長

洋書や医療機器輸入から事業開始
知の拡大を支援するビジネスが核

丸善雄松堂の創業者は、岩村藩(現在の岐阜県)の医師であった早矢仕有的(はやし ゆうてき)。江戸に上り、慶應義塾で福澤諭吉らに学び、明治維新直後の1869年に横浜で洋書や医療機器の輸入販売を行う丸屋商社を創業した。その後、舶来文具・文化・雑貨を扱う書店や出版業へと業容を拡大していく。戦後は、書籍販売業、出版事業の他、図書館向けサービスを展開していったが、2007年に大日本印刷の傘下に入る。

2010年には図書館流通センターと経営統合し、共同持株会社 CHIグループ(現・丸善CHIホールディング株式会社)を設立。2016年には同グループ内の雄松堂書店を吸収合併し、丸善雄松堂に社名を変更。現在は、丸善CHIホールディングスの下で、丸善ジュンク堂が書店ビジネスを、図書館流通センターが図書館の受託事業を、丸善出版が出版事業を、丸善雄松堂が知に関わる情報・空間・活動の事業を展開している。

全文をご覧いただくには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全てご覧いただくことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。