2017年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域未来構想 福岡県

山岳救助、ベンチャーが支える 「人の命を守る」新ビジネス

久我 一総(オーセンティックジャパン 社長)

0
​ ​ ​

GPSでは実現ができなかった精度で、位置を特定する新しいデバイスを開発。それは、山岳救助の常識を変え、迅速な捜索を可能にする。主要な山岳関連協会・連盟にも採用され、普及が進められている。

Photo by Alpsdake

久我 一総(オーセンティックジャパン 社長)

登山での遭難救助や災害時の人命救助、子供や要介護者の見守りなど、オーセンティックジャパンは「人の命を守る」サービスを提供している。

オーセンティックジャパンの久我一総社長が開発したのは、新しい人命探索機器『HITOCOCO(ヒトココ)』。それは、登山者や子供などに子機を持たせ、親機がその電波強度から距離や方向を特定するデバイスだ。

登山時に子機を携帯するだけで、自分の居場所が親機に伝わる『ヒトココ』。子機は小さくて軽いため、負担なく持ち運べる

「便利」よりも大切なこと

なぜ、久我社長は「人の命を守る」ことを事業領域に定めたのか。

「現代はPCやスマホなど、便利なものが氾濫しています。そんな中で『本当に大切なものは何だろう?』と考えて、出した答えが『人の命を守る』でした。親として、家族として大切な人の安全を確保するためのアイテムが欲しい。そうした思いから、『ヒトココ』のアイデアが生まれました」

久我社長はもともと、大手電機メーカーで商品開発を行っていた。そこでPBX(※)という製品を担当した経験があり、自身が望むデバイスの設計を考えることができた。

久我社長は2011年、オーセンティックジャパンを設立。2013年に『ヒトココ』の試作機を完成させた。

「GPSは広域で探すことはできても、建物の中や地下では大まかな位置しかわかりません。また、本当に必要な機能だけに絞らないと、バッテリーを長持ちさせることはできず、重量は増えてしまいます。人の命を救う商品として本当に役立つものにするためには、そうした課題を解決する必要がありました」

『ヒトココ』の特徴は、まず子機が小さくて軽いこと。重さは20g、100円玉4枚分の重さしかない。さらに災害無線と同様、親機と子機が直接電波で通信を行うため、GPSでは実現ができなかった精度で、位置を特定することができる。

例えば、障害物のない広い場所であれば、「建物の何階、どの部屋のどのあたりにいるのか」といったことを1km先からでも認識可能だ。また、マイクロUSB端子から約500回は充電可能で、モデルにより異なるが1充電で1~3ヵ月も持つという。

(※)PBX(Private Branch eXchange)……企業などの施設内に複数設置され、電話機同士で内線通話ができるようにしたり、外線との接続を行ったりするために使われる電話交換機。

残り58%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる