地方移住は過去5年で4倍に 数字で見る地方創生

東京一極集中の是正を掲げてスタートした「地方創生」。その現状はどうか。移住定住、交流人口(観光)について、各種データをまとめた。

地方移住は過去5年で4倍に

毎日新聞とNHK、明治大学地域ガバナンス論研究室(小田切徳美教授)の共同調査によると、2014年度の地方移住者数は1万1735人で、09年度からの5年間で4倍以上に増えている。岡山県、鳥取県、長野県、島根県、岐阜県の上位5県で全体の48%を占めており、長年移住促進に取り組む地域とそうでない地域の格差が拡大している。東北や近畿は移住者が少ない。

(出典)毎日新聞とNHK、明治大学地域ガバナンス論研究室(小田切徳美教授)2015年12月20日公表

転職者の3割以上が「縁もゆかりもない地域」に移住

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り78%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。