2014年12月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地方創生 2つの輪

青森県・三村知事に聞く 「地方創生に必要な視点変更」

三村申吾(青森県知事)

0
​ ​ ​

地方創生の主役は国ではなく自治体だ。今後、首長の構想力が問われることになる。参考となるのが、「生業づくり」を掲げて地域改革に挑む青森県。三村申吾知事は、「人口減対策には視点変更が必要」と説く。

青森県は、日本有数の農林水産と観光という資源を持つ一方、少子高齢化の進展と進学・就職を契機とした人口流出により、人口減少率は全国第2位。加えて、平均寿命が男女とも全国最下位の「短命県」という深刻な課題を抱えています。

そこで私は、青森県の未来を変えるイノベーションを起こすべく、2014年度から新たな基本計画「未来を変える挑戦」を進めてきました。具体的には、観光資源や産品といった青森県の「生業(なりわい)」と「生活」が生み出す価値が世界から認められること。そして、その価値を県民が誇りに思う状態を作り上げることです。

その先にあるべき姿は、「世界が認める『青森ブランド』の確立」。言い換えると、「買ってよし、訪れてよし、住んでよし」の青森県の実現です。ビジネスとしての価値、観光・交流としての価値、生活の場としての価値。この3つの価値を備え、その価値が国内外から認知される青森県を目指しています。

三村申吾 青森県知事

コンセプトは「強みをとことん、課題をチャンスに」です。具体的なモデルとしてはスイスが挙げられます。スイスは欧州の中では小国ながら優れたブランド力を持ち、その結果、高い生産性と国際競争力が世界的に認知されているからです。

課題解決から新産業をつくる

残り77%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

事業構想セミナー・説明会

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる