2014年12月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地方創生 2つの輪

国土交通省スーパーメガリージョン構想 地方創生時代のデザイン

舘逸志(国土交通省大臣官房審議官)

0
​ ​ ​

未曾有の人口減少到来を前にして、国土のグランドデザインを担ってきた国土交通省が、新たな戦略を展開している。国土交通省で大臣官房審議官を務める舘逸志氏が、国土の再生に向けた新たな計画と取り組みを語る。

出典:国土交通省資料

五輪と地域活性

国土交通省は7月に「国土のグランドデザイン2050」を発表した。地域活性の施策のひとつとして、「アベノミクス第4の矢」と位置付けられる、2020年の東京オリンピック・パラリンピックがある。

「2020年の東京五輪は、戦後復興のお披露目会であった1964年の五輪とは全く異なる意義を持ちます。成熟国家としての日本を世界へ提示する場となるでしょう」と舘逸志氏は話す。

国土交通省大臣官房審議官、地域活性学会副会長 舘 逸志 氏(10月開催の地域活性学会研究会にて)

また少子高齢化と人口減少に直面している日本は、文明の課題に取り組んでいる先進国でもある。大会開催による経済効果への期待は無論、多文化の共生、科学技術と自然との調和といった、真の先進国の姿を示す場となることも期待される。そうした価値観の提示は、多様な個性を持つ地方が大きな役割を担っている。

「各地の食や伝統工芸がしっかりと守られるような施策と共に、地方都市がホストシティ・ホストタウンとして機能できることが必要です」

平和の祭典の舞台にふさわしい環境と、その効果が地方までしっかりと及ぶ環境の準備、この二点がオリンピックに向けた課題だ。

残り64%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

事業構想セミナー・説明会

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる