2014年5月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域未来構想 和歌山県

和歌山を宇宙産業と人材の拠点に

秋山演亮(和歌山宇宙教育研究所所長・教授)

0
​ ​ ​

宇宙を学び場に、臨機応変に対応しチームワークを発揮できる人材を育てる。そんな試みを進めているのが、和歌山大学宇宙教育研究所だ。和歌山で、日本の次世代を担う人材と産業が育ちつつある。

大学キャンパスでは国内最大級の、口径12メートルの巨大パラボラアンテナ

和歌山大学の西側敷地に巨大なパラボラアンテナがあるのをご存知だろうか。口径12メートルと大学キャンパス内設置としては国内最大級となる、その電波観測通信施設を設立し管理を行っているのが、和歌山大学宇宙教育研究所だ。

秋山 演亮
和歌山宇宙教育研究所所長 教授

設立は2010年。秋田県能代市で学生用のロケット実験場を開発し打ち上げ実験などを行っていた秋山演亮所長が、「日本全国の人がアクセスしやすい本州中央部でロケット打ち上げに適した場所がないか」と探していたところ、和歌山県加太に県営の広大な土地があると聞き和歌山大学へ移籍、設立された研究所の所長に就任した。

すでに和歌山大学は、宇宙開発・研究の分野で国内をリードする重要な役割を担っている。今年5月には、和歌山大学を中心に開発した小型副衛星「UNIFORM-1号機」が、H2Aロケットによって打ち上げられる。熱センサーが搭載された衛星で、森林火災の検知などへの活用が期待されている。

宇宙教育が実践力とチーム力を育てる

ただし、宇宙教育研究所の目的は技術開発だけではない。「宇宙」と「教育」のキーワードからも推測できるように、宇宙を題材とした教育手法の研究も、ミッションとしている。秋山所長は、「宇宙というのは興味を持ってもらいやすい分野ですから、科学などの学びの入り口になりやすいと思います」と語る。

残り71%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる