ベンチャーキャピタル分布図2013

2013年に入り、ベンチャーキャピタルによる投資は活況を見せている。主要なベンチャーキャピタル及びベンチャー投資のプレイヤー28社から1社につき3社ずつ、主に2013年に投資実行された(一部2012年実行の案件も含む)各社の投資先を一覧で紹介する。ベンチャーキャピタル業界の現況を掴む一役になれば幸いだ。
Text by 梅木雄平(The Startup代表取締役)

誌面の都合上、各3社ずつの紹介となったが、別ページで紹介した各ラウンドの主要プレイヤーに加えるとこんなプレイヤーの勢いが昨今は目立つ。アーリーステージではインキュベイトファンド、サイバーエージェント・ベンチャーズに加え、著名投資家である松山大河氏率いるEAST VENTURESや、まだ20代の投資家である佐俣アンリ氏によるANRIなどの投資先に定評がある。

シリーズAラウンドでは伊藤忠テクノロジーベンチャーズに加え、グロービス・キャピタルパートナーズが双璧をなす市場感で、DGインキュベーションあたりが存在感を増してきている。ジャフコ、ニッセイキャピタルといった金融機関系VCも投資件数が多い。

シリーズBではフィデリティに加え、KDDIやドコモなどの通信キャリアによる投資が増加。サイバーエージェントも本体のBSからの投資を加速させる方針を発表している。

シード中心

創業支援のフェーズ。2011年頃からプレイヤーが増え、スタートアップ企業の増加に寄与

サムライインキュベート

70社強の創業期のスタートアップに投資する日本を代表するシードアクセラレーター

  • 投資額:
    300万円-500万円
  • 主要投資先:
    トーキョーストーム
    職人さんドットコム
    ユニリングス

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。