危機をチャンスに変えた発想の転換

「もっとネイルを身近に」―そんな想いを実現するためにビジネスの知識もなくオープンしたネイルサロンが、個性とコンセプトを評価されて、人気店に成長している。

恵比寿の一角に、ビーチのコテージを思わせる内装のネイルサロンがある。海をモチーフにした小物が置かれ、天井ではシーリングファンがまわり、ポップな音楽が流れていて、リラックスした爽やかな雰囲気だ。

このサロン「Lagoon」のオーナーは岡田薫さん。18歳の頃からモデル、タレントとして活動し、テレビ番組『世界ふしぎ発見』ではミステリーハンターを務めていた。そんな彼女が芸能界を離れ、ネイルの世界に飛び込んだのが28歳の時。なぜネイルを選んだのだろうか。「私はずっと爪にコンプレックスがあったんです。それが、18歳の時に初めてネイルサロンに行って付け爪をしてもらったら、世界が変わりました。その時からネイルの仕事がしたかったのですが、当時は強い薬品を使っていて、皮膚がアレルギーになってしまい、一度は諦めました。それから芸能界の仕事に就きましたが、28歳の時に、私はここでは生きていけないな、と諦めがついて、他に何の仕事をしようと考えた時に、付け爪で私の人生が変わったように、ネイルでお客様に幸せを生む仕事がしたいと思ったんです」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り68%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。