活力と成長力は「人の力」で生み出す

インタビュー 福山市・羽田皓市長

2016年に市制施行100周年を迎える福山市。自然災害が少なく、広域交通網が発達していることを強みに、新たなる「にぎわい」の創出を目指している。

備後圏の玄関口として福山駅前を整備

――福山市の魅力、地域資源の潜在力について、どのように見ていますか。

羽田 福山市は「ものづくり」に強みがあります。オンリーワン・ナンバーワンの技術を持つ企業や、独自の技術で成長を続ける中小企業などが集積し、製造品出荷額は県内シェアの20・5%を占めています。

中国・四国地方をH型で結ぶ高速道路、福山港に広島空港、「のぞみ」も停車する福山駅など、流通やビジネスの拠点としても優れています。現在、福山西IC・福山東ICと福山港までの時間を短縮するため、道路整備に取り組んでいます。利便性向上のためのスマートインターチェンジ新設計画など、さらなる機能充実を目指します。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り73%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。