「菓子博」に込められた復興と文化再興の願い

4月から広島市で開催される「お菓子のオリンピック」。目標来場者数は80万人、経済波及効果約は150億円が見込まれ、街の活性化や地域経済の発展に期待が高まる。

広島市では4月19日から5月12日までの24日間にわたり「第26回全国菓子大博覧会(愛称ひろしま菓子博2013)」が開催される。菓子業界・関連産業の振興と開催地域の活性化に役立てるため、ほぼ4年に1度、全国各地で開催されている日本最大の菓子の祭典で、広島では1921年以来、92年ぶりの開催となる。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り79%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。