地域資源の個性と魅力を磨き上げる

水戸市・高橋靖市長インタビュー

偕楽園や弘道館などの地域資源を戦略的にPRするため、新たに「みとの魅力発信課」を設置。自らのトップセールスにも力を入れることで、交流人口を増加させ、にぎわいの創出を狙う。

――水戸市の魅力、潜在力の大きさについて、どのように見ていますか。

水戸市のマスコットキャラクター「みとちゃん」

高橋 水戸市には、水戸徳川家ゆかりの歴史的資源として、日本三名園の一つである偕楽園や、日本最大級の藩校で現在世界遺産登録を目指している弘道館があります。しかし、残念ながら、これらの貴重な資源を活用しきれていないとの声が多いことも否めません。

水戸のまちの活力を維持し、発展させていくためにも、水戸が有している地域資源の個性と魅力を磨き上げ、多様な角度から組み合わせることで、新しい価値を生み出していきたいと考えています。

交流人口の増加に向けて自らトップセールス

――偕楽園などの地域資源を街の活性化にどう活かしていきますか。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り75%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。