スタートアップのための上手な「新規顧客」開拓法

初対面で上手に自分を印象付け、その後の取引にもつなげるにはどうすればいいのか。名刺一つとっても、工夫次第で販促ツールとして活用できる。

仕事が取れる名刺の専門家 福田剛大

「新規開拓」。この言葉は会社を続けて行くためには常に考えなければいけない最重要課題です。しかもスタートアップという大事な時期に成功させるためには、「あり方」と「やり方」を事前に固める必要があります。これは、ポイントさえ押さえれば誰でも設定することが可能です。

なぜ、あなたは起業するのか

世の商品やサービスは、何らかの問題を解決するために存在しています。今や当たり前すぎて開発経緯など気にされなくなっているもの、例えば自動車であれば、移動をラクにするために発達してきましたし、映画や音楽といったエンタテイメントは娯楽を提供することで、楽しさという感情をかき立ててくれます。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り89%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。