数字で見る コロナ下のヘルスケア新ビジネス

高齢化に伴い、医療費の負担が増加する中で発生した新型コロナウイルスによる危機。医療全般の効率化に加え、予防や早期発見・治療の重要性が増している。女性の健康に貢献し、各人が望む人生を選択できるようにする「フェムテック」も注目の新事業だ。

増加を続ける国民医療費

2018年度の国民医療費は43兆3,949億円で前年度比0.8%の増加となっている。国民医療費の国内総生産(GDP)に対する比率は7.91%、国民所得(NI)に対する比率は10.73%となっている。

年齢階級別にみると、65歳以上の構成割合が60.6%を占める。

人口一人当たりの国民医療費は34万3,200円で前年度に比べ1.0%の増加となった。65歳未満が18万8,300円であるのに対し、65歳以上は73万8,700円で、4倍以上となっている。

人口一人当たりの国民医療費(2018年度)

出典:厚生労働省

 

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。