神山まるごと高専 徳島発「次世代高専」で世界を変える

都市圏から多くの企業のサテライトオフィスを誘致し、「地方創生のパイオニア」として注目を集める神山町。この町に2023年、「神山まるごと高専」が新たに開校を予定している。同校設立の経緯と描く未来構想について、設立プロジェクトの発起人の一人であるSansan代表の寺田氏に話を聞いた。

寺田 親弘(Sansan株式会社 代表取締役社長 CEO)

2023年開校予定の
次世代型高等専門学校

都市圏から多くの企業のサテライトオフィスを誘致し、「地方創生のパイオニア」として注目を集める徳島県神山町。ここに2023年4月、新たに「神山まるごと高等専門学校」(神山まるごと高専)が開校を予定している。

Sansanのサテライトオフィス「神山ラボ」

同校は工業技術習得だけではなく、それを活用して社会に変化を生み出す力、起業家精神を持った人材を育てるための「次世代型高等専門学校」だ。どのような場・環境においても社会課題を見つけ、課題解決に向けて活動することができる、未来の「起業するデザインエンジニア」の育成を目指している。

「『高専を設立しよう』と考えたのは、前職時代に米国のシリコンバレーで働いていた経験が影響しています。神山町も、IT企業やスタートアップが集まるシリコンバレーのようにならないかな、と考えたのがきっかけです。また、そのためにはヘソ(中心地)となる学校が必要で、それは起業家を生み出す学校であるべきだと思いました」と、クラウド名刺管理サービスを展開するSansanの代表で、同校設立プロジェクトの発起人の一人である寺田親弘氏は語る。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。