NTTドコモ社長×群馬県知事 5Gで加速する地方創生、協創戦略

多様なパートナーとの協創により、社会課題解決や地方創生に力を注ぐNTTドコモは、群馬県においても様々な取り組みを始めている。NTTドコモ・吉澤社長と群馬県・山本知事が、5G時代におけるICT活用の可能性、これからの地域協創の展望を語る。

吉澤 和弘(NTTドコモ 代表取締役社長)、山本 一太(群馬県知事)

「協創」が地域課題解決のカギ

――群馬県のICT戦略の方向性につい て、お聞かせください。

山本 現在、群馬県のICT戦略はまだまだ遅れていますが、これからICT分野において、全国でも最先端の県にしていきます。今年1月には、都道府県初のCDO(チーフ・デジタルトランスフォーメーション・オフィサー)として、IT関連企業や在日米国商工会議所でキャリアを積んだ岡田亜衣子氏を任命しました。岡田氏の下、ICTを活用した県政を加速させていきます。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り94%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。