数字で見る ヘルスケア・予防関連の市場動向

ヘルスケアビジネスの目的は、顧客の心身の健康を維持し、増進すること。日々を活発に過ごすためのスポーツクラブでの運動や、健康的な休暇も範疇に入る。疾患の予防は日本では医療保険の枠外のため、コストを負担するのは個人や企業、保険者。健康的な習慣を継続でき、かつサービス利用の効果が分かりやすいICTサービスに注目が集まる。

予防可能な病気で死ぬ日本人

日本人の死因の上位を占める病気は、がん、心疾患、脳血管疾患。がんは早期発見できれば多くが治療可能で、禁煙などの生活習慣の改善やワクチン接種などで予防できるものもある。心疾患・脳血管疾患も、若いうちから健康に留意することで予防でき、発症後も適切な介入で悪化を遅らせることができる疾患だ。

主な死因別に見た死亡率(人口10万対)の年次推移

 

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り57%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。