ヘルスケア・プラットフォームで 異業種と進める医療のIT化

医療、ヘルスケア系だけでなく、多種多様な企業との連携を進めるヘルステックベンチャー、メドピア。パートナーシップを通じて、地域包括ケアや健康経営など、今後の成長分野にいち早く取り組む。超高齢社会の下、無限の可能性を持つ医療×ITの市場の中で、医師が設立した企業として飛躍を目指す。

石見 陽(メドピア 代表取締役社長CEO)

多種多様な提携で事業を拡大

2004年、現役医師である石見陽氏が立ち上げたメドピア。「集合知により医療を再発明する」をビジョンに、新しいかたちの医療を創出することを目指し、挑戦を続けている。メドピアの基盤となるのは、創業からの事業である医師専用コミュニティサイト「MedPeer」。医師12万人(国内医師の3人に1人)が登録する〈医の集合知〉のプラットフォームだ。

同社ではこのプラットフォームを基盤に、医師の転職やスカウト、開業・経営支援、薬剤師や薬局向けのサービスを展開。医師や薬剤師などの医療従事者をサポートしながら、専門職のネットワークと集合知を活用して、企業の従業員や一般生活者向けの予防・ヘルスケアサポートへと事業の幅を広げている。

人生の入口から出口までを支えるサービスを拡大・創出するため、同社ではドラッグストア大手のスギ薬局、重症化予防プログラムを提供するPREVENTのほか、まったくの異業種であるアスクル、リクルート、日本経済新聞社など、ここ数年で矢継ぎ早に提携を進めてきた(下表)。

図 メドピア社の近年の主な業務提携

 

「医療から予防・セルフケアの領域まですべて自前でカバーすることは難しい。そうした領域への展開をスピーディに進めるためにも、他社との提携・パートナーシップの構築は効果のある手段だと考えています」と、同社代表の石見陽氏は話す。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り72%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。