2019年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域特集 大分県

数字で見る大分県 国内トップの温泉地で深刻化する人手不足

月刊事業構想 編集部

1
​ ​ ​

「おんせん県」として有名な大分県だが、企業誘致・産業集積にも熱心で、「大分県版第4次産業革命“OITA4.0”」を加速している。40年前に開始された「一村一品運動」の効果で、各地域が競争力のある名産品を数多く有するのも特徴だ。

大分県の人口推移

製造業の集積が進んだ1970年代から1985年まで人口は増加。その後は緩やかな減少傾向にある。社人研推計では2040年に96万人に減少し、大分県庁推計では2060年に76万人(高齢化率38.8%)にまで減少の見通し

出典:RESAS

 

大分県の求人と求職者数(2018年10月)

県経済の目下の最大の問題は人手不足だ。観光業を含むサービス業では4000人以上が、IT産業など専門的・技術的職業では2000人以上が不足している

出典:RESAS

 

大分県の産業構成

産業大分類別に見た売上高の構成比

数多くの温泉地を抱えることもあり、売上高構成比では「宿泊業,飲食サービス業」の割合が全国平均より多い

出典:RESAS

 

残り16%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる