2019年6月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

シティプロモーションシンポジウム

400万人規模の経済圏構想 長崎県大村湾地域

園田 裕史(大村市 市長)

0
​ ​ ​

大村湾地域経済圏構想

大村市 市長 園田 裕史氏

今回のプロジェクトでシティプロモーションの目標を「定住人口の獲得」に設定して活動する長崎県大村市は、市長の園田裕史氏が登壇し「知っていますか?大村市」というテーマで発表を行った。

人口減少が著しい長崎県内において、唯一人口が増加している大村市だが、増加の主な要因は長崎市をはじめとする県内他エリアからの移住者が増えているためで、全国的には知名度が低いことが課題だ。園田氏は「長崎県からは主に福岡に転出しているので、そういう人たちを取り戻すとともに、大阪まで1時間、東京でも1時間半で行けるというアクセスの良さをアピールして、関西や関東から人を呼び込む活動をしています。

体験型アクティビティで
関係人口を増やす

大村市のシティプロモーションの特徴は、大村市周辺の自治体を巻き込んでいることである。園田氏が提唱する「大村湾地域経済圏構想」は、大村湾を囲む5市5町が連携することで生まれる100万人規模の商圏+長崎空港や2022年開業予定の新幹線など外からの観光・ビジネス客の300万人+αのマーケットに対してさまざまな施策を行う構想である。連携のシンボルとなる施策が、2017年にスタートした「大村湾ZEKKEIライド」だ。

「ZEKKEIライド」は大村湾を自転車で巡るイベントで、コース内のエイドステーションでは地元のさまざまな特産品を提供する。絶景と美食を楽しむことができるこのイベントは、全国的に認知されるようになってきており、自転車のライドイベントのモデルケースになろうとしている。

残り54%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる