ITビジネス研究の第一人者が説く、5Gが再編する未来社会

第5世代通信網で実現できることを思い描く前には、その特性を見極める必要がある。通信技術の特性は何か。社会への実装に際しての可能性、また懸念やリスクはないのか。国内外の情報通信業界に精通し、社会連携にも取り組む学識者に話を聞いた。

國領 二郎(慶應義塾 常任理事、慶應義塾大学 総合政策学部 教授)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り95%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。