2019年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

5Gのビジネスチャンス

5Gインフラ整備へ 総務省が光ファイバー整備に52.5億円

元山 和久(総務省 総合通信基盤局 電気通信事業部 事業政策課課長補佐)

0
​ ​ ​

高速無線サービスの背骨は、大量の情報を安定的に、素早く送受できる光ファイバー網。観光客のSNS投稿やスマート農業などのため、あらゆる場所で、高速ネット接続の需要が生じている。総務省は新規の大型予算で、光ファイバーの整備を進める計画だ。

元山 和久(総務省総合通信基盤局電気通信事業部事業政策課ブロードバンド整備推進室課長補佐)

第5世代移動通信システム(5G)などの次世代の無線環境を導入する前提になるのが、光ファイバー網だ。回線速度が速く通信が安定している光ファイバー網は、主要な無線基地局をつなぎ、自動運転や機器の遠隔制御、高精度動画のライブ配信などを実現するインフラとなる。

光ファイバーによるネット接続は、都市部ではすでに当たり前のように提供されている。しかし、世帯数で見た国内の光ファイバー整備率は98.3%と、全国的には未整備地域が残る。また、モノのインターネットであるIoTの用途は拡大している。人が住んでいなくても、ネットにつながるモノがあれば、そこにはネット接続の需要が生じるのだ。

5Gの商業利用開始を控え、最新のICTの恩恵を享受したいと考える地域は多い。それを可能にするために、光ファイバー網のカバー範囲を拡大する支援策が打ち出されている。

図1 都道府県別の光ファイバー整備率

海岸線が複雑、離島を多く抱える、人口密度が低い、などの特徴を持つ地域はカバー率が低い傾向がある

残り75%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる