5Gインフラ整備へ 総務省が光ファイバー整備に52.5億円

高速無線サービスの背骨は、大量の情報を安定的に、素早く送受できる光ファイバー網。観光客のSNS投稿やスマート農業などのため、あらゆる場所で、高速ネット接続の需要が生じている。総務省は新規の大型予算で、光ファイバーの整備を進める計画だ。

元山 和久(総務省総合通信基盤局電気通信事業部事業政策課ブロードバンド整備推進室課長補佐)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り94%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。