自治体が陥る「認知度向上」の呪縛 手段の目的化から脱却を

自治体のシティプロモーションを観察すると、ロゴマークや動画等を制作することが目的化し、それらを「使わなくてはいけない」という思考に染まっているケースも少なくない。今、戦略性なき「認知度向上」の呪縛から抜け出し、そのあり方を考えていく必要がある。

シティプロモーションの
前提は「認知度の向上」

シティプロモーションに関連して、認知度の向上に取り組む自治体が多い。中井町(神奈川県)の「中井町シティプロモーション戦略指針」には、ロゴマークをつくり「『里都まち』をより一層活用することにより、町のイメージと認知度を高めていきます」と記している。 

鹿沼市(栃木県)の「鹿沼市営業戦略指針」にも「鹿沼市を『いちごのまち』としてみなさんに覚えていただき、認知度の向上とイメージアップをさらに向上させていくため、『いちご市』をシティプロモーションのスローガンとさせていただきました」とある。

両市以外にも、シティプロモーションのとっかかりとして、認知度の向上に取り組む自治体は多い。認知度の向上に取り組むことは、ある意味、当たり前である。人は知らいないところに行かないし(交流しないし)、住まないからである(定住しない)。認知されてこそ、交流や定住といった次の段階に進む可能性がある。

今回は、「認知度」が議会でどのように取り扱われてきたかを確認する。

図表1 都道府県における「認知度」の質問回数

出典:全国47都道府県議会議事録横断検索

 

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り76%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。