2019年2月号

全国シティプロモーションサミット2018in佐賀

LINE、Twitter、Facebookの正しい使い分けは? SNS活用を支援

フルスピード

0
​ ​ ​

米村 一精(フルスピードエンゲージメント マーケティング事業部 事業部長)

ウェブコンサルティング、ネット広告代理店事業などを展開するフルスピード。同社エンゲージメントマーケティング事業部事業部長の米村一精氏は、「SNSの最も正しい『バズ』の仕方は、ファンが発信した情報が拡散されること。脱打ち上げ花火を目指しましょう」と話した。

SNSをシティプロモーションに活用しようと試みる自治体は多い。しかし、SNSといっても、Instagram、Twitter、Facebook、LINEそれぞれが特徴を持ち、情報発信でも向き不向きがある。「例えばInstagramは観光誘客に向き、LINEは地域居住者に深い情報を提供するのに向く、というように、特性を把握して使い分ける必要があります」と米村氏は言う。2018年に入り、人気が復活してきたTwitterは、最も幅広く使えるSNSであるものの、目的によりアカウントを分ける必要がある。

それぞれの特徴を把握した上で、中長期にわたり地域を支援してくれるファンを増やす。「短期間だけ話題になり、すぐに忘れ去られるPRを目指すのではなく、粘り強く地域を支援してくれる人を増やすことこそが、効果的な地域プロモーション」と米村氏は話した。

 

株式会社フルスピードへの

お問い合わせ


株式会社フルスピード
エンゲージメントマーケティング事業部
リージョナルマーケティンググループ
Tel: 03-5457-7727
URL: http://www.fullspeed.co.jp/

 

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる