2019年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

大企業×ベンチャー

三井化学のオープンイノベーション 経営幹部と新事業を同時育成

藤田 朋宏(ちとせグループ CEO)

0
​ ​ ​

バイオベンチャーのちとせグループと、三井化学がオープンイノベーションプロジェクトを開始。バイオベンチャーのゼロからの立ち上げを、三井化学から出向した社員が社長に就任して進める。大企業とベンチャーの常識の違いを理解し、将来のイノベーション創出につなげていく。

藤田 朋宏(ちとせグループCEO)

ちとせグループと三井化学は、2018年4月から「0 to 1プロジェクト」を開始した。オープンイノベーションにより、技術シーズをもとに、共同で事業開発を行っていく。ちとせグループ社長の藤田朋宏氏に、同プロジェクトや大企業との連携について聞いた。

事業と人材を同時に育てる

ちとせグループは、2004年に事業を開始した。微生物、藻類、動物細胞などの微細な生き物を活用する技術に強みを持ち、国内外にて農業やエネルギー、食品などの分野で事業を展開している。グループ統括企業はシンガポールに置き、国内の2カ所のラボで研究を実施している。

三井化学も、ちとせグループと同じ分野で研究開発を実施していたことから、両社は2007年から交流があった。自社の潜在能力を生かすために、ベンチャー投資以外の道を模索していた三井化学に、ちとせグループ側が提案する形で、0 to 1プロジェクトを開始することになった。「三井化学はベンチャーキャピタルに投資するなど様々な取り組みを既にしています。0to1プロジェクトには、単なる投資にとどまらない成果を期待しているようです」と、藤田氏は話した。

残り78%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる